アルミかんからアルミかんをつくると、どんないいことがあるの?

更新日:2020年6月25日

Screen Shot 2018-04-24 at 12.15.32 PM

百分率・割合

Screen Shot 2018-04-24 at 12.15.39 PM Screen Shot 2018-04-25 at 8.48.58 AM

廃棄物 / リサイクル

Screen Shot 2018-06-11 at 8.05.14 PM

自然と国土 / 持続可能な社会


 

Screen Shot 2018-04-24 at 12.24.38 PM

Screen Shot 2020-06-24 at 8.54.09 AM

 

Screen Shot 2018-06-11 at 3.01.09 PM

社会・算数科

49

PDF

 

関連ページ

アルミ缶

今のアルミかんって昔のより重い、軽い?

アルミかんを軽くするとどうしてかんきょうにやさしくなるの?

アルミかんからアルミかんをつくると、どんないいことがあるの?

Screen Shot 2018-05-05 at 7.13.49 PM Screen Shot 2018-05-01 at 8.45.26 AM Screen Shot 2018-06-12 at 7.05.43 PM


 

Screen Shot 2018-04-24 at 12.24.51 PM

Slide1

Screen Shot 2020-06-24 at 8.54.09 AM

 

かんきょうにやさしくなる点の例

  • アルミかんを軽くすることで、アルミかんの原料のアルミ新地金1kgでつくれる350mlかんの数が、1973年の48本から72本にふえた。つまり、同じ材料の量から作れるかんの数を1.5倍に増やすことができたことになり、限りある資げんをより大切に使うことができて、かんきょうにやさしくなったと考えられる。
  • 1973年のときは、48本のアルミかんを作るのに677円分の電気が必要だったのに対して、2016年では同じ電気量で72本のアルミかんを作ることができるようになった。アルミかんが軽くなることで、アルミかんを作るときに、1かんあたりに消費する電気の量を減らすことができ節電になり、かんきょうにやさしくなったと考えられる。
  • アルミかんがリサイクルされずにゴミとなってしまう割合が、100本のうち6本とある。アルミかんが軽くなることで1本あたりにゴミとなるアルミの量が減り、かんきょうにやさしくなると考えられる。

関連ページ

Screen Shot 2018-05-02 at 8.00.25 AM


 

Screen Shot 2018-04-24 at 12.27.15 PM

=練習=

アルミ缶リサイクル協会, 「リサイクルについて」

資源エネルギー庁, 「家庭エネルギー消費の実態」

[一日あたりのアルミ一缶の生産に必要な電気使用量の算出方法]

アルミ新地金1トンの生産に必要なエネルギー: 110.7千MJ

1kwh=3.6MJから110.7千MJ = 30.75 千kwh

アルミ新地金1kgの生産に必要なエネルギー: 30.75kwh

アルミ一缶の平均重量:14.98g

アルミ一缶の生産に必要なエネルギー:460wh

再生アルミ一缶の生産に必要なエネルギー: 13.8wh

世帯あたりの電気使用量は4,618kWh/年から一日あたりの電気使用量を算出。

*電気代は業務用電力として1kwhあたり17円で求めています。

Screen Shot 2018-04-24 at 12.46.59 PM